ハニー・アンド・スパイス

悪い夢を見た――しかし淡い幸福に包まれていた。

彼女は別れ際の駅で言った。「離れたくない」

束縛したくない、嫌いになってほしくない。
将来のことを考えたい、明日のことは考えたくない。
バイバイしなくちゃいけない、離れたくない。

簡単に「矛盾」と片付けられるその気持ちは、しかし人間が生きていくことそのものであった。

生きた心地のしない、抜け殻の朝。
しかし前を進んでいくしかない、希望の朝。

ふわっとしたオムレツに包まれた、鼻をつく西洋わさびの辛さ。
甘い蜂蜜の中にたっぷり溶け込む、苦さを伴うシナモンの香り。

やさしさと哀しさ、甘さと苦さが残る朝。

現実を生きていくことは、地続きである。苦しみや悲しみを抱きながら、幸せを噛みしめて今日を生きる。

(自身のブログ『サードウェーブ系哲学的ゾンビ』より転載)

(Image:Sheila Scarborough, CC-BY 2.0)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしよければ、「サポートする」でご支援くださると助かります。 今後の執筆活動(直近は『Markdownライティング入門』)、参考書籍、プリンタのインク代、出張費(主に東京)などに活用いたします。

m(__)m (ラッキーアイテム: コンビニのお菓子)
3

藤原 惟

文芸創作集・空の青に憧れて

藤原 惟による詩歌・小説・エッセイ(文芸寄り)などを書いていくマガジン。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。